「みんなで作る夢のつり橋アルバム」 開催中! 詳しくはこちら

夢のつり橋の後の露天風呂は最高!湯屋 飛龍の宿で日帰り温泉やってます

夢のつり橋がある寸又峡は、昔から秘湯で知られる場所でもあります。(詳しくは寸又峡温泉とは?のページをご覧ください!)

湯上がり後の肌触りがすべすべになるので“美女づくりの湯”とも呼ばる寸又峡温泉。
夢のつり橋で寸又峡の美しい自然を見て、歩いて楽しんだら、自慢の天然温泉に浸かって、寸又峡の自然の恵みをぜひ全身で味わっていってください。

寸又峡温泉街には「町営露天風呂 美女作りの湯」がありますが、ほかにも温泉街の3つの温泉宿で、日帰り入浴が可能です。

その中から「湯屋 飛龍の宿」をご紹介しましょう。

飛龍の宿は温泉街の真ん中にある温泉旅館。寸又峡温泉街ができた当初に開業した老舗の宿のひとつです。

玄関前に「入浴」の札が出ていたら、日帰り温泉営業中!

玄関をくぐって、フロントで受付をします。※タオルは持参してください。

飛龍の宿のお風呂の一番の特長は、木々に囲まれた露天風呂。

趣が違う2種類の露天風呂があり、男女日替わりです。新緑の季節と、紅葉の時期が特におすすめ。

もちろん広い内湯もあります。

温泉から出たら、ロビーでひと休みもできますよ。

宿泊で人気の飛龍の宿ですが、実は日帰り湯はまだまだ穴場。静かにゆっくり寸又峡温泉を楽しみたい方には特におすすめです。

夢のつり橋まで歩いて、さらにその先の寸又峡プロムナードコースを一周すれば、1時間半は歩くことになります。
歩いた後の寸又峡温泉は本当に最高なので、飛龍の宿の日帰り湯で、ぜひ試してくださいね!

飛龍の宿について詳しくはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる